北海道のデリヘルと北国だからこそ楽しめるアクティビティ

屈指の歓楽街として知られる北海道のデリヘルの情報と広大な自然を活かしたアクティビティスポーツを心行くまで体験してきました!

*

ニセコの山頂からパラグライダーでGO!

      2017/02/01

ニセコの山頂からパラグライダーでGO!大自然の北海道で空を飛ぶ体験を子供にもさせて一生の思い出を残したい!という気持ちからパラグライダーの体験をしてきました。少しばかり高所恐怖症はあるのですがなんとかなるだろうと半分勢いで予約してしまいました…

今回のパラグライダーはプロの方とタンデムで空を飛ぶという内容でした、場所はニセコ方面、レンタカーで早朝の予約時間に集合場所に指定されたのは、とある『道の駅』でした。
きさくなおじさんがこっちだよ~と声を掛けてくれ、目的の場所に到着。ちょっとした広場と山小屋。

初めてで子供なのだけど大丈夫なんだろうか?と尋ねると全く問題なしと言われ、君たちの前にあのおねーちゃん達が先に飛ぶから見てればいいさと言われ、広場で待っていました。
先に飛ぶはずのおねーちゃん3人組みは東京からきた20歳の友達同士との事、もちろんパラグライダーは初めてと言って騒がしすぎるくらいにキャッキャと怖がっているのか楽しんでいるのか判らない状態ですw
一体いつ出発するのかと尋ねた処、あの山見てくれ~、霧がかかって山頂見えないだろ~?と指をさしたその先は平地では全く霧なんてないのに、山の上だけは霧で山頂が見えない高い山を指さしていました。
あそこから飛ぶんかい!…急に心なしか尻込みしたくなる位の高い山がそこにはありました。

山頂の天気はもの凄く短時間で変わりやすく、すぐに騒がしいおねーちゃん達が出発!
はるか彼方と感じるほどの山の上からダイブ!ゆっくりとのんびりと下から見ていると清清しくさえ見える光景で、広場の上をゆっくりと旋回しながら降りてきました。
大騒ぎのおねーちゃんはチョ~楽しかったぁ~!と喜びを全身で表しており、怖くなかったよぉ~と余裕です。

順番が回り、車で山頂へ!
まずは子供を先に飛ばせる事にしました、天候もかなり良く風も穏やか、そして高さを聞いたら標高700m以上、高低差は571m…
どこをどうみても崖の上じゃんと、私は高所恐怖症だと自覚できる位に冷や汗が止まりませんw
子供が飛び立つ際の写真を取り、気持ちいぃ~と大声を出した子供の声がかすかに聞こえます。
連れてきてよかったと心から感じた瞬間でもありました。
飛び立ったパイロットさんを向かえに乗ってきた車を下に移動するけど乗るかい?と聞かれたのですが、待つことにしました。
山頂の裏側にはケーブルカーの駅があり、パイロットさんが戻るまでの30分、山頂を散策して楽しんでいたのですが、山の天気は変わりやすくかなりの風が出てきました…
パイロットさんが到着後、子供も一緒に乗せてきてくれました。
風がかなり強いけど、せっかくだからチャレンジするかい?と言われ、子供がやってみなよ~のひと言で決心しチャレンジする事に。

合図をしたら全力で走ってね!と言われ、合図を受け崖に突撃(心は号泣)、その瞬間にストップ!と大声が!
地面に広げていたパラシュートが横風に煽られてやり直しだそうです…
やめようかと思った瞬間に、子供が『パパがんばって』…中止といえずに再チャレンジにw
再チャレンジで合図を待ってI Can Fry ~! 横風がいきなりきて正面方向に飛ぶはずが山一個右側に一瞬で流され、背後でプロの方が踏ん張りならが『う~ん』と聞こえた瞬間、もう真っ青w
でもそこはプロ、大丈夫ですよぉ~♪と声をかけてくれてコース修正、ゆっくりと大空を舞い目的の着地予定の処へ向かっています!問題なく着地予定の上空からゆったりとした旋回をしてスムーズに着地成功!
最初の突風から全身無駄に筋肉入りまくり手に汗べっとりで足はガクガク…子供が到着して走り寄って来て『パパ楽しかったでしょ!』と言われたが、力なく笑顔を返すだけで精一杯の私でしたw

チャレンジ後、パラグライダーの資格を取らないかと言われて説明を受けたのですが、北海道で最短一週間程度で資格を所得可能との事。宿泊も激安の一泊1000円程度を紹介してくれるとまで言われ、子供は資格を取りたいとかなりの前向きでしたが、私は呆然としてて地に足が付いているのをありがたく感じる心境でしたw

 - 空のアクティビティ

  関連記事

北海道のデリヘルと気球でウキウキ気分
北海道のデリヘルと気球でウキウキ気分

危険が伴うハードなアクティビティが苦手な方でも、小さなお子さまと一緒に楽しみたい …